アンケートバナーPC記事上

アイアンでボールが上がらないのはなぜ?

アイアンでボールが「上がらない」という悩みを抱えているアマチュアは多いです。なぜ、ボールが上がらないかというと、ほとんどの場合は、インパクトでクラブのロフトが「立ちすぎている」からです。

ボールを上げるのは、クラブのロフトの役割です。アイアンは特に、それによって飛距離を打ち分けるという機能を持っていますから、クラブのデザイン通りにインパクトするということが、とても重要になります。

「デザイン通り」のインパクトとは、つまり、シャフトが概ね垂直か、手元側が少しだけ目標方向に傾いた状態(ハンドファースト)でボールに当てるということです。

ボールが上がらない人の場合、ダウンスウィングで体が左(目標)方向に突っ込んでしまうことで、手元がヘッドよりもかなり先行し、ロフトが立った状態でインパクトを迎えているケースがほとんどです。あるいは、腕の力を使って、上から強く当てようとすることで、手元が大きく目標方向にずれてしまう人も多いです。

34-1

回転するのは軸だけで、腕とクラブは振られる意識が大切

クラブのデザイン通りのインパクトを実現するには、体の回転を使って、「軸」をぶらさずに振る意識が重要です。特に、切り返しで力んでしまうと、頭の位置が左(目標方向)に動いてしまいやすいので注意しましょう。

腕の力はなるべく抜いて、体の回転によって腕とクラブが「振られる」イメージを持つと、軸回転のスウィングになりやすく、クラブのロフトを生かして簡単にボールを上げることができます。

34-2また、自分でボールを「上げにいく」のは禁物です。ボールを上げようとすることで、右足に体重が残ったインパクトになりやすく、トップのミスが出やすくなるからです。

アンケートバナーPC記事下
植村 啓太

16歳からゴルフを始め、その後23歳の若さでツアープロと契約し、ツアープロコーチとしてデビュー。大場美智恵プロや服部道子プロをはじめ、現在まで多くのツアープロのコーチを担当する。2005年には自身が主宰する「K’s Island Golf Academy」をオープンし、多くのアマチュアの指導にあたる。ゴルフ誌、ゴルフ番組をはじめ、幅広いメディアに出演し、ゴルフの魅力を伝えるとともに、インストラクターの育成にも力を注いでいる。

キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑