これも必要!ゴルフも持ち物と小物

スコアを決める意外なゴルフの持ち物・小物たち

1801k

どのようなスポーツでも、見た目の楽しさと、プレイの結果を決めるのは、持ち物と小物たち。こだわりを持って選びましょう。

ゴルフをプレイするためにはクラブやシューズ以外にもある程度の小物が必要になります。クラブを入れるキャディバッグはもちろん、ボール、ティー、帽子、サングラス、グローブ、マーカーというのがその小物達です。自分の好みのあった機能的なものを選びましょう。

身体とクラブを繋ぐグローブは、ファッション性よりもフィット感で

1802k

ゴルフグローブは、ゴルフクラブがすっぽ抜けないための滑り止めです。つまり、身体とクラブの一体感を図るジョイントがゴルフグローブです。グローブを選ぶ際に、重視すべきことは、手に良く馴染むサイズであること。少しサイズが小さい位の方が、手にぴったりしてフィット感があるといえるでしょう。

素材は本革や合成皮革のもがほとんどですが、フィット感や高級感がある本革製は水に弱く、合成皮革のものは本革製に比べ耐久性には劣るものの、雨に強いという利点もあります。価格等も考慮に入れて選びましょう。

またデザイン性、ファッション性を重視するのも悪いことではありませんが、あくまでも自分に合ったサイズ、装着感がファーストプライオリティであることを忘れずに。
また、コースで使うグローブは、新品よりも何回か練習場で使ったものがいいでしょう。
何度か使ったものの方が、どんなものでも、身体に馴染んでいきます。

プロでもスコアを左右するのが、ゴルフボール

1803k

ゴルフボールは、ブランドだけで選ばないようにしましょう。自分のプレイスタイルがどういうものなのか、まずは理解することが大切です。

飛距離を重視するのか、グリーンにピタッと止まるスピンを重視するのか、何度かプレイしたうえで判断しましょう。そこから自分に合ったボールを探してみても遅くはありません。

そこで気にするのがコンプレッションと呼ばれるボールの硬さ。100、90、80~などの数字で染まされる数値で、大きいほど硬くなります。

たとえば、飛距離を重視するならコンプレッションの大きなボールを使うのですが、その分ヘッドスピードがないと曲がったり、かえって飛距離が落ちたりもします。逆にコンプレッションが小さいと柔らかく、スピンがかかりやすくなる、というのも覚えておきましょう。

よく、好きなプロゴルファーが使っている、もしくは契約しているメーカーのボールだからといって、それを選ぶ傾向がありますが、それはあくまで、そのゴルファーがいいと判断したブランド、メーカーのボールです。それがあなたに相応しいボールとは限らないため、あくまで参考レベルでみましょう。ボールは個々人の好みが結構でてくるものです。そのため自分の感性を信じて、じっくりと選ぶことをオススメします。

また、初心者のうちは曲がることも多く、ボールはあっと間になくなってしまいます。あえて、少々多めに持っていくようにしましょう。

コースによってはキャディバッグにもこだわりを

1804k

ゴルフ道具を入れて運ぶキャディバッグ。そのキャディバッグにも、こだわりが必要です。

それは運びやすさを重視し軽量タイプのものがいいということ。
今のゴルフ場は乗用カートで各ホールをラウンドするのが一般的なので、あまりキャディバッグが軽量である必要はなくなりつつありますが、今でも、名門と呼ばれるゴルフコースは、乗用カートでラウンドできるようにゴルフ場が整備されていないものが多いのです。

そのようなゴルフ場でラウンドする事もあるかもしれませんので、昔ながらの手引きカートに乗せたり、キャディバッグを肩に担いだりできる、軽量タイプのものを選んでおいた方がいいでしょう。そして、いつかは名門コースでプレイする自分自身を想像して練習に励んだ方がいいのではないでしょうか?

ティー・マーカー・ボールケースなども揃えよう

1805k

最後に、ゴルフティーやマーカー、ボールケースは、プレイする上で必要な小物です。しかし、ほかの用具に比べると、機能に対するこだわりは必要ないかもしれません。むしろ、自分の気に入ったデザインや素材、色を選ぶ自由さがあります。

ゴルフティーは、必ず回収するようにしましょう。そのままにしておくと、後続の組のゴルファーがケガをする危険性もあります。打ち終わったティーはなかなか探しにくいものですが、なくさないようにするために羽のようなものがついていて、打っても遠くに飛ばず見つけやすいものも市販されています。そういったティーを選ぶのも一策です。

ボールケースは、暫定球を打つ事を想定して、身体に装着できるタイプの物を選ぶことがポイントです。

マーカーは、ゴルフ場が配布しているグリーンに刺すタイプのものや、置くだけのタイプがありますのでお好みで。ただ、ゴルフ場に置いてあるティーは同伴プレイヤーと重なることもありますので、自分だけのマーカーを選ぶのがいいかもしれません。

accessories_img01[1]

どのようなスポーツでも、見た目の楽しさと、プレーの結果を決めるのは、持ち物と小物たち。こだわりを持って選びましょう。 身体とクラブを繋ぐグローブは、ファッション性よりもフィット感で ゴルフグローブは、ゴルフクラブがすっぽ […]

2001k

ゴルフボールが違うだけでショットは変わる ゴルフをはじめたばかりだと「ゴルフボールなんてどれも一緒じゃないの?」と考えてしまいがちですが、実はそのなかには研究に研究を重ねた完成した技術が詰まっており、ボールを変えるだけで […]

caddy_bag_img01[1]

名門コースに有利!ズバリ軽量のキャディバッグ ゴルフ道具を入れるキャディバッグにも、選ぶポイントがあります。名門コースでは、キャディバッグも軽量タイプのものがよいでしょう。その理由は、ゴルフの歴史にあります。 ゴルフ道具 […]

1902k

ゴルフグローブはフィット感で選ぶと間違えなし! ゴルフグローブは、機能性とフィット感で選びましょう。ファッション性は、二の次です。 男性ゴルファーは、ゴルフグローブを片手しかつけない人が多い傾向になります。ビギナーには理 […]

marker_img[1]

ゴルフティーやマーカー、ボールケースは、ゴルフに不可欠な小道具です。キャディバックに必ず入れておきましょう。 ティショットを打つためのゴルフティー ティグランドに立つ時、必要な道具があります。それはティショットを打つため […]

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑