いよいよコースデビュー!どうやって行く?バッグは?

最低限のマナーやルールもしっかりと覚え、用具も揃えて練習場やレッスンでスイングも上達。さあ、いよいよ本番。ゴルフラウンドデビューの日がやってきました。思い出深いゴルフのラウンドデビューのために、準備することをもう一度おさらいしておきましょう。しっかりと準備しておけば、緊張することなくリラックスしてプレーできるはずです。

デビュー当日の体調は万全に

2801k

ゴルフに行くとなれば、前の日からワクワクして顔がほころぶプレイヤーもいるでしょう。「ゴルフは大人の遠足」と言い切るプレイヤーもいるほどです。朝早くからクルマに乗り、遠くのゴルフ場に行くことを考えると、遠足という表現は的を得ているかもしれません。

ラウンドデビューの際は、緊張したり、不安になったりすることもあるでしょう。朝が早いからといって十分な睡眠をとらないのはNG。自然の中で半日過ごすのですから、体調管理をしてしっかりと睡眠をとることはとても重要です。

ゴルフ場のコースは、思った以上に広いものです。また、自然の環境に手を加えていないため、暑さも寒さも自分で管理する必要があります。トイレも数ヵ所しかありません。このような環境であることを十分に考慮して、体調を整えることが大切です。

特に夏季は、熱中症に注意する必要があります。ゴルフ場内のショップでも、凍らせたスポーツドリンクなどを販売していますが、水分補給は欠かさないようにするべきでしょう。また、暑さ・寒さを考慮したウエアやレインウエアも用意しておいたほうがいいでしょう。

用具の確認やコースでのシミュレーションもしておこう

2802k

用具の確認はラウンド前日までに済ませておきましょう。忘れがちなのが、ボールやティー、マーカーなどの小物類です。もちろんこれらはゴルフ場でも購入できますが、万全の体制でラウンドデビューするためには、使い慣れたもののほうがいいでしょう。

コースのシミュレーションも大切な準備のひとつです。各ホールのロケーションがわかるコース図を、ホームページなどで確認しておきましょう。バンカーの位置や、これまでのゴルファーの評価なども参考になります。コースを事前にしっかり把握しておくと、使うクラブも想像できるようになります。そうすることで、キャディバッグの中に入れる14本も決まってくるはずです。行き帰りのクルマの中でのゴルフ談議にも役立ち、なによりもゴルフ場に行った時に、戸惑うことが少なくなるでしょう。

また、練習場が併設されているかどうかも、チェックしておくことも大事なポイントです。大半のゴルフ場は、クラブハウスの前のグリーンでパター練習ができるようになっています。打席でドライバーやアイアンのスイング練習ができるゴルフ場もありますので、事前にチェックしておくと、ゴルフ場についてから慌てずに行動することができます。緊張感を持って、ラウンドデビューを迎えましょう。

ゴルフコースのプレーに必要なものチェック!

ギア篇

キャディバッグに入れるクラブは14本まで。14本に規定はありませんが、パターは必ず必要です。

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド、ユーティリティ
  • アイアン
  • ウェッジ

服装篇

夏、冬に限らず安全対策のためにも帽子は1年中持っていきましょう。

  • 帽子
  • 襟の付いたトップス
  • スラックス、スカートなど動きやすいボトムス
  • ゴルフグローブ
  • ゴルフシューズ

小物篇

ティー、ボール等の消耗品はできるだけ多めに用意しておきましょう。

  • ゴルフボール(20個程度あると安心。暫定球のためにプレーナンバー違いの同一ボールを用意)
  • ティー
  • マーカー
  • グリーンフォーク

ラウンドメンバーへの心配りなども事前に考えて

2803k

グリーン上では、一緒にラウンドするメンバーへの心配りも必要です。会社の中では上司・部下の関係であっても、ゴルファーとして先輩ならば、部下の方を立てるように行動すべきでしょう。

ビギナーは、このサイトで紹介した事柄以外にも、いろいろとわからないことが出てくるでしょう。例えば、そのゴルフ場特有のローカルルールや、コース攻略法、またクラブハウス内での決まりなど、先輩ゴルファーから教わることも多いでしょう。その時に、相手が気兼ねなく声をかけてくれるような空気が必要です。そのためには、会社内の序列を、ゴルフ場内では一端忘れ、自分はビギナーだという謙虚な気持ちで臨みましょう。

心技体を万全にして、ラウンドデビューに臨みましょう

このようにして、心技体ともにリラックスした状態でラウンドデビューを迎えると、思い出深いデビューになるでしょう。もちろん、十分に楽しめるよう、しっかりと練習しておくことも大切。どんなゴルファーもラウンドデビュー経験があります!空振りをしたり、OBを連発したりしても決して恥ずかしいことではありません。最初から完璧なゴルファーになる必要などないのです。ゴルフは生涯を通じて楽しむスポーツ。大きな目標を持って、少しずつ前へ進んでいけば良いのです。あなたのゴルフライフはスタートしたばかり。たくさんの楽しい体験があなたを待っています。

2801

ゴルフコースへ行く交通手段のベストはクルマですが、最近はそれに代わって電車が注目されています。その理由はクルマを運転する煩わしさがないからでしょう。次に鉄道は時間に正確という事です。日本の電車は不慮の事故を除けば、数分狂 […]

2701

ゴルフコースへ行く最もポピュラーな交通手段がクルマです。クルマさえあればキャディーバッグとボストンバッグも楽に移動できます。 ガソリン代や高速代を安価に抑えたければ、仲間と相乗りという方法もあります。遠路の日帰りプレーは […]

2601

ゴルフコースは自然に恵まれた広大な敷地内にあります。日頃、自然と触れ合う機会のない人でも、ゴルフコースへ一歩足を踏み入れれば自然の一員です。その心構えと準備は必要です。ここでは季節に応じたゴルフの必需品についてご紹介しま […]

401n

ゴルフは年配になっても楽しめるスポーツなため、安全で怪我や事故とは無縁のように思われがちですが、実はちょっとした不注意や予備知識のなさで事故につながることがあります。これはルールやマナーとはまったく別の話のため意外と教え […]

301n

初心者が初ラウンド時に一番気をつけたいのがスロープレイです。打球が安定しない初心者にとって、同伴プレイヤーたちや次の組の迷惑とならずコースを回ることは最低限守りたいマナーであり、一番嫌われる行為でもあります。 ただそうは […]

601n

レッスンプロや知人のベテランゴルファーからOKがでて、いよいよ念願のコースデビューができるとなると自ずとテンションがあがるものですが、記念すべき人生初ゴルフコースを誰と一緒にまわるかは慎重に考えておくべきです。 何に関し […]

101n

はじめてゴルフクラブを握ってから数ヶ月。練習場でのレッスンや先輩ゴルファーたちからのマナー講座などを経て、ついに迎えたコースデビュー当日。否が応でも胸が高鳴ってしまい、緊張してしまう方も多いことでしょう。 「スロープレイ […]

3001

ゴルフはゴルフクラブを入れるキャディーバッグと、着替えを入れるバッグが必要になります。クルマでの移動ならまだしも、これらを抱えて電車で移動するとなると、それこそ荷が重過ぎます。 そこで活用したいのが宅配便です。大手の宅配 […]

3101

ゴルフコースは各種スポーツ施設と比較しても、かなり充実した設備があります。ゴルフコースの施設内はクラブハウス、コース、ゴルフ練習場、練習グリーン等に分けられます。 クラブハウス内にはチェックインするフロント、ラウンジ、レ […]

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑