じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > 初めてのゴルフ > コースデビュー・行き方 > キャディーバッグの配送にはいくらかかる?受け取りは?

キャディーバッグの配送にはいくらかかる?受け取りは?

ゴルフはゴルフクラブを入れるキャディーバッグと、着替えを入れるバッグが必要になります。クルマでの移動ならまだしも、これらを抱えて電車で移動するとなると、それこそ荷が重過ぎます。

3001

そこで活用したいのが宅配便です。大手の宅配便を利用すれば、キャディーバッグ専用のカバー(別売りで500円前後)も用意してくれるので、バッケージも楽にできます。

配送料金は、キャディーバッグ専用の料金システムがあります。一般の荷物と同様で配送場所によって配送料は異なりますが、宅配便の会社のホームページ等で簡単に調べることができます。また、往復宅配便や他のサービス(宅配便の会員割引き等)を併用すれば割安で配送ができます。

キャディバックは余裕を持って発送しましょう

3002

宅急便でキャディーバッグを送る際の注意点をいくつか紹介しましょう。

まずはプレー日の前日、または前々日までに、キャディーバッグがゴルフコースに到着していなければなりません。プレー当日に到着しても、配送時間の関係でまったく使えなくなってしまうからです。もし日曜日にプレー予定なら、2日前の金曜日の発送締切り時間までに手続きを完了しなければなりません(一部地域は3日前の発送締切り時間)。そうすると土曜日にはゴルフコースへ到着します。

しかし、交通事情や天候の影響で遅配されることもあります。事前に目的地までの所要日数を調べておくべきでしょう。また、往復宅配便を利用すれば発送伝票や運賃の支払いの手間が省けます。割引制度もあるので、利用しない手はありません。

発送伝票にはプレー予定日を記入する項目もありますが、念のため、連絡欄にもプレー予定日とスタート時間を明記するようにしましょう(キャディーバッグの受取りはゴルフコースが代行します)。それを読んだゴルフコースのスタッフが、キャディーバッグを大切に保管してくれるはずです。そしてプレー当日の朝、キャディーバッグをマスター室前などに準備してくれます。

大切なクラブだからこそ気を使って送りましょう

3003

集荷は宅急便会社へ連絡をすれば自宅まで取りに来てくれる場合と、コンビニエンスストア等へ持参する方法があります。その際は、大切なキャディーバッグに傷がつかないように、専用カバーを利用した方がよいでしょう。

さて次に、大切なゴルフクラブをより安全に梱包する知識をご紹介します。特に注意したいのは、ドライバーなどのウッド系のゴルフクラブの損傷です。そのため梱包する際は、ヘッドまわりに厚めのタオルを積めてクッション代わりに使うことです。こうすることによってゴルフクラブが適度に固定され、搬送の際の衝撃を緩和してくれます。

まとめ

  • 車で行かない場合は、キャディーバッグを配送するようにしましょう。
  • プレー日の前日までには確実に着くようにしましょう。
  • 配送時に大切なクラブに傷がつかないよう、カバーなどをつけましょう。
じゃらんゴルフ編集部
じゃらんゴルフは、ゴルフ場予約も可能なゴルフ場情報サイトです。参画ゴルフ場が提供するプレープランが、インターネットで簡単に予約できるほか、会員による口コミ投稿など、ゴルフ場全般に関する情報が満載です。プレーの際にはぜひご利用ください。
ランキング初めてのゴルフ(コースデビュー・行き方)の人気記事
  1. 1
    no image
    2015.10.30
  2. 2
    no image
    2015.10.30
  3. 3
    no image
  4. 4
    no image
    2015.10.30
  5. 5
    no image
    2015.10.30
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑