じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > クラブ別上達レッスン > アイアン > アプローチはアイアンで転がすのがいちばん簡単
アンケートバナーPC記事上

アプローチはアイアンで転がすのがいちばん簡単

アプローチには、ウェッジ(アプローチウェッジやサンドウェッジ)を使うのが一般的ですが、ウェッジしか「使ってはいけない」ということではありません。

ウェッジはロフトが多い(寝ている)ために、ボールにスピンがかかりやすいというメリットがある反面、ボールに対して実際にコンタクトする面積が狭くなるというデメリットがあります(ドライバーやパターは、フェース面がほぼ垂直なので、横から簡単に当てやすい)。

そのため、初・中級者の場合は、ウェッジよりも8番アイアンや9番アイアンを使って、ボールを転がしてアプローチするほうが、はるかに簡単と言えます。

ロングパットのような感覚で振りましょう

ショートアイアンを使って転がす時は、スタンス幅を狭くして、ボール位置を普段より少しだけ右足寄りにして構えます。スウィングは、パターでロングパットを打つ感じで、手首をあまり使わず、首の付け根あたりを支点とした、肩のストロークで打ちます。

ロフトが立っている(少ない)ので、打ち出しのボールの勢いは、ウェッジよりも強くなり、小さい振り幅で、より遠くまで転がすことができます。自分で強く「当てよう」とすると、転がりすぎてしまうので注意が必要です。

33-1ショートアイアンで転がすアプローチが、特に有効な状況は、ボールがあるところからグリーン面まで距離があり、途中にバンカーなどのハザードがない場合です。グリーン面までが上り傾斜になっていると、ウェッジではボールが上がりすぎてショートしやすいので、さらに転がしに向いている状況といえます。

また、グリーンエッジ付近からのアプローチでも、カップまでかなり距離がある場合は、ショートアイアンを使って転がすほうが、楽にカップに届かせることができます。

アンケートバナーPC記事下
植村 啓太

16歳からゴルフを始め、その後23歳の若さでツアープロと契約し、ツアープロコーチとしてデビュー。大場美智恵プロや服部道子プロをはじめ、現在まで多くのツアープロのコーチを担当する。2005年には自身が主宰する「K’s Island Golf Academy」をオープンし、多くのアマチュアの指導にあたる。ゴルフ誌、ゴルフ番組をはじめ、幅広いメディアに出演し、ゴルフの魅力を伝えるとともに、インストラクターの育成にも力を注いでいる。

キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑