じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > クラブ別上達レッスン > アイアン > 正しいアイアンの打ち方とは?ドライバーやウッドの違い

正しいアイアンの打ち方とは?ドライバーやウッドの違い

ドライバーで飛ばした2打目以降、コースを攻めるのに欠かせないクラブがアイアンです。方向と飛距離の正確性が求められるアイアンショットは、ダウンブローで打つようにします。

ダウンブローという打ち方でクリーンにボールを捉えよう

ゴルフは、クラブによって打ち方に多少の違いがあります。ドライバーやフェアウェイウッドと違って、アイアンはダウンブローを意識した打ち方になります。ダウンブローとは、下降打ちのことです。ドライバーはややアッパー気味か、払い打ちというイメージで打ちますが、アイアンは地面に対して打ちこむような打ち方になります。アイアンは、ややボールの手前に振り下ろすイメージで、クリーンにボールを捉えるよう打つのがいいでしょう。

アイアンショットの練習でおすすめなのは、ボールの7cmから10cmほど後ろに鉛筆を置き、その鉛筆に当てないようにスイングするという方法です。最初はハーフスイングから、徐々にボールに当てるようにしてダウンブローの感覚を掴むといいでしょう。
大切なのは、インパクトの時にハンドファースト(グリップがボールよりも前にある状態)であることです。また、クラブヘッドのソールがボールを打ちこんだ後に最下点にくるようにも意識しましょう。そうすると、打った後の地面にソールが触れて地面を薄く削り取るターフができます。これができるようになると、アイアンでクリーンにボールを捉えることができるようになるでしょう。

アイアンショットの飛距離を決めるのはロフト角

アイアンには、3番位から9番までの番手がありますが、これは何のためでしょうか。それはアイアンショットの飛距離を決めています。その飛距離は、ロフト角によって決まります。
ロフト角には、リアルロフトとオリジナルロフトの2種類があります。リアルロフトは、シャフト軸に対してクラブヘッドのフェース面の傾きの角度を指すもの、オリジナルロフトはソール面とフェース面の角度から90度引いた角度を指すものです。いずれにしてもインパクト時のフェース面の傾きで、ロフト角が小さい(傾きがなく水平にインパクトする)ほうが、遠くに飛ばせるクラブです。傾きが大きくなれば、ボールに加わる力は水平方向よりも垂直方向の方が強くなるためです。

メーカーやスイング時のヘッドスピードによっても違いますが、ドライバーの平均飛距離は男性なら230ヤード、女性なら175ヤードといわれています。アイアンであれば、平均飛距離は5番アイアンで男性160ヤード、女性110ヤードです。以降は番手によって10ヤード程度ずつ短くなり、9番アイアンで男性115ヤード、女性70ヤードです。この飛距離を目安に、グリーンオンできるよう番手を調整するのです。
そのためにも、アイアンショットでは、飛ばしたい方向に正確に飛ばすことも大切になってきます。

ゴルフのスコアを左右するのはショートアイアン

ゴルフ雑誌でも頻繁に記事になっているのが、「寄せのテクニック」です。これはショートアイアンやウェッジ(ロフト角が50度以上のアイアンタイプのクラブ)を使ったグリーンまでのアプローチショットのことをいいます。特にショートゲームでは、アイアンショットで方向性が大事といわれています。ここでミスをすると、それだけでスコアが1打、2打と増えてしまうので、必ずショートアイアンでのアプローチ練習もしましょう。スイングの方法は変わりませんが、20?30ヤードの短い距離を飛ばすためには、フルスイングではなく、ハーフやクォータースイングも必要になってきます。そのための練習もしておくことをおすすめします。

アイアンショットの理想は、ボールが落下点で止まること

ダウンブロースイングで打ったボールにはバックスピンがかかります。バックスピンがかかったボールは、落下点で前に転がることなく、ピタッと止まります。
プロゴルファーの試合で、グリーンにオンしたボールが打った方向から逆に転がるのは、このバックスピンがかかっているからです。最初から強いスピンをかけるのは難しいかもしれません。まずは、ボールが落下点で止まるような打球を目指しましょう。

じゃらんゴルフ編集部
じゃらんゴルフは、ゴルフ場予約も可能なゴルフ場情報サイトです。参画ゴルフ場が提供するプレープランが、インターネットで簡単に予約できるほか、会員による口コミ投稿など、ゴルフ場全般に関する情報が満載です。プレーの際にはぜひご利用ください。
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑