アンケートバナーPC記事上

アイアンの基本 | 引っ掛けの原因とその対策

「引っ掛け」とは、ボールがいきなり左に飛び出してしまうことを言います。今回はこの引っ掛けの原因と対策について解説します。

アイアンで引っ掛けが出てしまう原因とは

実はこの現象、意外なことに「スライス」と紙一重なんです。アイアンでのスライスの項目では「極端なアウトサイドインのスイング(カット軌道)が原因」と説明しました。引っ掛けの場合は、その「極端なアウトサイドイン(カット軌道)」に加えて、インパクト時に「フェースが閉じている」ことが原因です。

※飛球方向に対して外から内に振ってしまっている「アウトサイドイン」のスイング

引っ掛けを解消するための練習方法とは

まず、引っ掛けが出やすい人はフォロースルーで腕を意識的に前に高く上げることを心がけてください。そうすることで腕を身体の後ろに引っ張ってしまうようなことは解消されます。
また、フォロースルーで左手を身体からできるだけ離す意識を持ってください。これで「アウトサイドイン」の軌道がややアウトサイドアウトになります。

※フォロースルーでクラブを身体の方向へ引いてしまっている

※フォロースルーではしっかりと飛球方向に腕・クラブが向くように心がけましょう

更に練習場でのドリルとして、ボールの左手前にティーがくるようにし、そこでボールを打つ練習をしてみるのも実に効果的です。この状態でボールを打つと、「アウトサイドイン」の癖がついてしまっている人はボール左手前にあるティーも一緒に打ってしまいます。それをなくすように意識して練習すれば、自然とスイング軌道も正しい軌道に改善されます。

※ボールをティーの右後ろに置き、ティーに当てないようにスイングしましょう

また、ダウンスイングからインパクトを迎える直前に右手を離してみてください。フォロースルーに向けて自然と腕は高く理想的に上がっていくので、その感覚を身に付けるのも有効です。

※左手一本でスイングし、飛球方向にフォロースルーする感覚を養いましょう

いかがでしょうか?ラウンド中になぜか引っ掛けが出てしまうことは誰にでもありますが、その際は上記のような対応策を思い出してみてください。

アンケートバナーPC記事下
植村 啓太

16歳からゴルフを始め、その後23歳の若さでツアープロと契約し、ツアープロコーチとしてデビュー。大場美智恵プロや服部道子プロをはじめ、現在まで多くのツアープロのコーチを担当する。2005年には自身が主宰する「K’s Island Golf Academy」をオープンし、多くのアマチュアの指導にあたる。ゴルフ誌、ゴルフ番組をはじめ、幅広いメディアに出演し、ゴルフの魅力を伝えるとともに、インストラクターの育成にも力を注いでいる。

キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑