アンケートバナーPC記事上

ドライバーの横振りを治すには?

ドライバーは長さが一番あるクラブなため、必然的に体とボールとの距離が離れてスイングプレーンがフラットになるため、横振りになりすぎる人が多くいます。

ただ、かといって縦振りがいいかというと、そうでもありません。ここではそんな横振りと縦振りについて解説しましょう。

横振りも縦振りも行き過ぎはNG

結論から先にいうと、横振りも縦振りもいき過ぎなければさほど問題ではありません。ドライバーは長いため、ほかのクラブに比べて横振り気味になります。それを無理やり縦振りにする必要はありません。

では、横振りになりすぎている人はどんな特徴があるかというと、トップの位置で右手が完全に潰れてしまっていることが挙げられます。こういう方は、まず右肘の角度を確認しましょう。

18-1横振りになっている人というのは、右肘が体にくっついてしまっていることが多く、こうなるとうまくクラブヘッドの重力も感じられないうえに、スイングもスムーズにいきません。
右肘の角度はアドレスのときと同じくらい、直角程度にすることを意識しましょう。(人によっては120度くらいまで開いたり、60度くらいまで閉じるほうがやりやすい人もいるので、あくまで目安として考えてください)
18-2
自分で撮影してみて、右肘が曲がりすぎていないかどうかをチェックしましょう。

アンケートバナーPC記事下
植村 啓太
16歳からゴルフを始め、その後23歳の若さでツアープロと契約し、ツアープロコーチとしてデビュー。大場美智恵プロや服部道子プロをはじめ、現在まで多くのツアープロのコーチを担当する。2005年には自身が主宰する「K's Island Golf Academy」をオープンし、多くのアマチュアの指導にあたる。ゴルフ誌、ゴルフ番組をはじめ、幅広いメディアに出演し、ゴルフの魅力を伝えるとともに、インストラクターの育成にも力を注いでいる。
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑