アンケートバナーPC記事上

アイアンの基本 | シャンクの原因とその対策

「シャンク」という言葉をご存知ですか?ゴルフのミスの中でも特にイヤなものとして代表的なのが、このシャンクです。ツアープロでもごく稀にシャンクしてしまうことがあります。
「シャンク」とは、インパクトの瞬間にいきなりボールが右方向に飛び出してしまうことをいいます。今回はこのイヤな響きの言葉「シャンク」についてご説明します。

アイアンでシャンクが出てしまう原因とは

シャンクはクラブヘッドの根っこ(ホーゼルと言います)にボールが当たって生まれるものです。ですから、知らぬ間に構えた位置よりもヘッドがボールの向こう側にいってしまい、その分根っこの部分がボールにあたってしまうことから起きています。

シャンクを解消するための練習方法とは

もしラウンド中にシャンクが出てしまったら、まずはクラブヘッドの先っぽで打つように意識してみてください。そうすればシャンクが出たときと同じスイングをしてしまっても、根っこに当たる確率はゼロに近くなります。ただし、このやり方はシャンクの根本的な解決方法ではありません。あくまで応急処置です。

シャンクをなくす上での第一歩として、まず構えた時のバランスが基本に忠実かどうかを確認しましょう。例えばスタンスでかかとに体重が乗りすぎた状態でスイングするとシャンクになりやすいです。その他ほとんどのミスについても言えることですが、基本のフォームをしっかり固めることでシャンクはグッとなくなります。

※最初に構えた時点で体重がかかとに寄っていると、スイングしている間に身体が勝手に重心を前に戻そうとしてシャンクを引き起こします

また、第二の注意点として、インパクトの瞬間に勝手に腕が離れていないかも確認してください。腕が離れるということはヘッドが予定よりもボールの向こう側を通っているということになります。そのような場合は、両腕の二の腕あたりを胴に縛ったようなイメージを持ち、脇を絞めてスイングしましょう。こうすることで腕が身体から離れることはできなくなるので、必ずシャンクはでなくなります。

脇をしっかりと絞めて、腕が身体から離れないようにしましょう

その他のドリルとしては、スタンスの時に右足を後ろに引いて、極端なクローズで打つ練習を繰り返してください。左足一本で打つような形です。こうすることで身体が前にいく癖をなくし、シャンク解消につながります。

※左足だけでスイングすることにより、身体が前にいくことを防ぎます

また、本当に荒療治となりますが、自分が大切にしているもの、たとえばスマートフォンをボールの向こう側においてフルスイングしてみましょう。もしシャンクが出てしまうようなスイング(ボールの向こう側を打つスイング)をしてしまったら大切なスマホも一緒にインパクトしてしまいます。このように、前へ出ることへの恐怖心を煽る方法もあります。

※ どうしても治らない方への荒治療として活用してください

いかがでしょうか?ラウンド中にシャンクが出ると気落ちしてしまい、その日一日のプレイにも影響しかねないので、是非練習場で改善してから本番に臨んでください。

アンケートバナーPC記事下
植村 啓太
16歳からゴルフを始め、その後23歳の若さでツアープロと契約し、ツアープロコーチとしてデビュー。大場美智恵プロや服部道子プロをはじめ、現在まで多くのツアープロのコーチを担当する。2005年には自身が主宰する「K's Island Golf Academy」をオープンし、多くのアマチュアの指導にあたる。ゴルフ誌、ゴルフ番組をはじめ、幅広いメディアに出演し、ゴルフの魅力を伝えるとともに、インストラクターの育成にも力を注いでいる。
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑