アンケートバナーPC記事上

知っておくべき3種類のグリップ・握り方

ゴルフのグリップの握り方は、大きく分けて3種類あります。全部試してみて、一番しっくりくる握り方でプレーしましょう。

一番オーソドックスなオーバーラッピング

グリップはクラブとプレイヤーをつなぐ唯一の接点です。ゴルフクラブをどのように握るかは重要な問題です。ビギナーの中には、このグリップを意識せず握ってしまう人もいます。しかし、上級者になるほど、自分のグリップスタイルを持っています。それは、グリップがスコアアップにも飛距離アップにも大切だということがわかっているからです。

ここでは基本の握り方をご説明しましょう。
右利きの方であれば、左手から握ります。まず、上半身の力を抜いて、左手のひらに沿って自然にクラブを握ります。このとき、クラブが親指以外の指の付け根に当たるようにします。右手は小指と薬指と中指の指の付け根にクラブを当て、最後に人差指と親指を添えるようにして握ります。右手の生命線で左手の親指を覆うようにして、クラブと手の一体感がとれるような位置関係がベストです。
このようにして握った後、右手の小指をどのようにするかで、3種類の握り方に分かれます。

最もポピュラーなのは、オーバーラッピングという握り方です。これは、左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せる方法で、両手でクラブを包み込むような握り方です。また、右手の感覚で打つことができるのも、オーバーラッピングの握り方の特徴です。まずは、この握り方を試してみるのがいいでしょう。

方向性に優れたインターロッキング

次に多いのが、インターロッキングという握り方です。これは、左手の人指し指と中指の間に右手の小指を絡める握り方です。オーバーラッピングと逆で、右手の影響をほとんど受けません。そのため、方向性に優れている握り方とされ、プロの中でもパワーヒッターのプレイヤーが採用しています。腕力に自信のある人や手が小さい人に、おすすめの握り方です。また、オーバーラッピングと違って、両手が固定できるので、グリップが崩れることなく安定しているという利点もあります。

飛距離が出しやすいといわれるベースボール

最後に、全く両方の手が重ならない握り方として、ベースボールという握り方があります。別名テンフィンガーとも呼ばれており、10本の指が全く重ならない握り方です。野球のバットと同じ握り方という意味で、ベースボールといわれています。
この握り方は、両手でしっかりと握れるうえ、力を入れずにスイングできるので、あまり筋力のないプレイヤーにも向いています。また、手首のコックを使って飛距離が出しやすいともいわれています。

グリップの好みでしっくりくる握り方を追求しよう

グリップは、握る時の方向によって、ストロンググリップとウイークグリップとに分けられます。両方の手の人差し指と親指の間の線が、右肩を指すように握るのを、ストロンググリップ(フックグリップ)といいます。このように握ると、スイングした時にフェースを返しやすくなり、そのフェースを返す動きも使って、より遠くに飛ばすことができます。力のない人はストロング気味に握った方がいいでしょう。
逆に、右肩ではなく左肩を指すように握るのを、ウイークグリップといいます。このグリップは、パワーのある人に多いフック系のミスを防ぐ効果もあります。
左をウイークに、右はストロングと、握り方を変えるプロゴルファーもいます。手の大きさや長さ、クラブの重さなどを考慮し、好みに合わせて調整するといいでしょう。
理論的に説明してきましたが、一番はしっくりとくる握り方を追求すること。自分にあう握り方を探してみましょう。

合わせて読みたいゴルフクラブの「握り方」

アンケートバナーPC記事下
じゃらんゴルフ編集部
じゃらんゴルフは、ゴルフ場予約も可能なゴルフ場情報サイトです。参画ゴルフ場が提供するプレープランが、インターネットで簡単に予約できるほか、会員による口コミ投稿など、ゴルフ場全般に関する情報が満載です。プレーの際にはぜひご利用ください。
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑