じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > 初めてのゴルフ > コンペ > ゴルファーのロマンを競う!ドラコン賞とは?

ゴルファーのロマンを競う!ドラコン賞とは?

『ドラコン』とは「ドライビングディスタンスコンテスト」の略で、ゴルフコンペの参加者がドライバーで飛距離を競うという意味です。一般的にドラコンはロングホールに設定します。理想的なロケーションは、ティーグランドからフェアウェイがストレートに見渡せるホールです。ドライバーショットがフェアウェイを外した場合は、失格というケースが多くフェアウェイをキープし、なおかつ飛距離を出さなければなりません。ドライバーの飛距離はゴルファーのロマンと称えるゴルファーも多く、ドラコン賞はゴルフコンペでも名誉ある賞と言えます。男女を問わず飛距離は、自分のパワーをアピールする武器のひとつです。

ゴルフコンペに参加した際は、是非ドラコン賞を狙ってみてはいかがでしょうか。

ドラコンにはボールを遠くに飛ばす快感があります

2201
男性女性に関わらず、ゴルファーにとって飛距離は一種の憧れがあります。
ゴルフはコース戦略上(スコアメイク)、飛距離がでるほうが有利な場合が多くあります。もちろんスコアメイクにはショートゲームも大切ですが、ゴルファーならドライバーでボールを飛ばす快感が忘れられないはずです。

そんなゴルファーの煩悩を試すのが『ドラコン』です。スコアメイクは二の次で、ボールを飛ばす事だけに情熱を燃やすゴルファーも少なくありません。ボールを飛ばすことが、なぜここまで人を惹き付けるのか……。それを知りたければ、ドラコンに挑戦してみるべきです。

女性ゴルファーにもドラコン賞を獲るチャンスがあります

2202
男性と女性はティーグランドが異なるので、飛距離的なハンディは大まかに調整ができます(女性のティーグランドは男性より前方にあります)。女性ゴルファーもドラコン賞を取る場合があり、男性ゴルファーも気が抜けません。ドラコンのルール上の注意点は、ボールがフェアウェイをキープしなければいけないのか…、または、ボールがラフに入っても権利が発生するのかという点です。

飛距離もさることながらフェアウェイキープが絶対条件

2203
その多くはフェアウェイキープが条件になっています。飛距離を出せても、方向性が悪ければOBになる可能性もあります。フェアウェイキープの条件は、かなり妥当性があります。
話はやや余談になりますが、ドラコンを競う世界規模の大会もあります。もちろん日本国内でも同様の競技が開催されています。一般アマチュアの飛距離は機械計測で250ヤード飛べば、『飛ばしや』と呼ばれますが、世界的飛ばしのプロの飛距離は400ヤード前後です。その差は約150ヤードで、この距離はショートホール約ひとつ分に相当します。その飛距離の凄さが分かると思います。

まとめ

  • ドライバーを思いっきり振って飛距離を競うのがドラコン賞。
  • 女性は男性より前のティーグランドから打つため、十分にチャンスがある。
  • ただただ飛ばせばいいのではなく、フェアウェイキープが条件。
ランキング初めてのゴルフ(コンペ)の人気記事
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑